頼子のために

講談社文庫
ヨリコノタメニ
頼子のために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「頼子が死んだ」。17歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶ──という手記を残していた。手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、事件の真相解明にのりだすと、やがて驚愕の展開が! 精緻構成が冴える野心作。(講談社文庫)


「頼子が死んだ」。17歳の愛娘を殺された父親は、通り魔事件で片づけようとする警察に疑念を抱き、ひそかに犯人をつきとめて相手を刺殺、自らは死を選ぶ──という手記を残していた。手記を読んだ名探偵法月綸太郎が、事件の真相解明にのりだすと、やがて驚愕の展開が! 精緻構成が冴える野心作。

製品情報

製品名 頼子のために
著者名 著:法月 綸太郎
発売日 1993年05月06日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-185401-7
判型 A6
ページ数 348ページ
シリーズ 講談社文庫