四千万歩の男(三)

講談社文庫
ヨンセンマンポノオトコ
  • 電子あり
四千万歩の男(三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

お上の刺客をなんとかかわし、一行は8月霜柱立つニシベツで折り返した。喘息の発作に見舞われながら、息子の一途な恋に心を砕き、はたまた弟子の片思いから母娘の仇討ち事件に首を突っ込み、“臆病剣”達人の命の洗濯の会を開くなど、奥州111次、“全き善人”忠敬の一歩は事件をかい潜りかい潜り江戸へ。全5巻。(講談社文庫)


お上の刺客をなんとかかわし、一行は8月霜柱立つニシベツで折り返した。喘息の発作に見舞われながら、息子の一途な恋に心を砕き、はたまた弟子の片思いから母娘の仇討ち事件に首を突っ込み、“臆病剣”達人の命の洗濯の会を開くなど、奥州111次、“全き善人”忠敬の一歩は事件をかい潜りかい潜り江戸へ。全5巻。

製品情報

製品名 四千万歩の男(三)
著者名 著:井上 ひさし
発売日 1993年01月07日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-185292-1
判型 A6
ページ数 606ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ’86年「日本歴史文学館」の1冊として初刊行後、’90年1月単行本として再び本社より刊行

オンライン書店で見る