捨て童子・松平忠輝(中)

講談社文庫
ステドウジ・マツダイラタダテル
捨て童子・松平忠輝(中)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

凛々しく成長した忠輝は、越後福嶋藩の大名となる。福嶋藩のキリシタン化を企てる大久保長安には、忠輝を将軍とする新体制をつくりあげる野望があった。忠輝を狙う、兄の将軍秀忠と柳生宗矩。途方もないエネルギーを持つがゆえに、権力者たちの暗闘に巻きこまれていく忠輝の波瀾の生涯を描く伝奇ロマン。(講談社文庫)


凛々しく成長した忠輝は、越後福嶋藩の大名となる。福嶋藩のキリシタン化を企てる大久保長安には、忠輝を将軍とする新体制をつくりあげる野望があった。忠輝を狙う、兄の将軍秀忠と柳生宗矩。途方もないエネルギーを持つがゆえに、権力者たちの暗闘に巻きこまれていく忠輝の波瀾の生涯を描く伝奇ロマン。

目次

  • 高田城
  • 和解工作
  • 越後
  • 禁制
  • 決起
  • 遣欧使節(一)

製品情報

製品名 捨て童子・松平忠輝(中)
著者名 著:隆 慶一郎
発売日 1992年12月07日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-185286-0
判型 A6
ページ数 358ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 1989年12月、本社刊。