証拠死体

講談社文庫
ショウコシタイ
証拠死体
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

残された傷痕は、美人の売れっ子作家ベリル・マディソンが必死で抗い、命乞いをしながら死んでいったことを物語っていた。殺人犯の待つリッチモンドへ、なぜ彼女は帰っていったのか、なぜ犯人のためにドアを開けたのか、そしてなぜ、殺される運命にあったのか――。MWA処女作賞受賞作家渾身の第2弾。(講談社文庫)


MWA、CWA受賞第2弾の傑作ミステリ-リッチモンド在住の美人売れっ子作家が殺された。検屍の結果、彼女は必死で抗い、命乞いをしながら死んでいったことが判明した。前作を大幅に上回る興奮と緊張!

製品情報

製品名 証拠死体
著者名 著:パトリシア・コーンウェル 訳:相原 真理子
発売日 1992年07月03日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-185188-7
判型 A6
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社文庫