大江戸仙境録

講談社文庫
オオエドセンキョウロク
  • 電子あり
大江戸仙境録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京から160余年前の文政時代の江戸へタイム・スリップ(転時)した科学評論家の速見洋介が、めくるめくばかりの恋をしつつ、日々、現代人の江戸常識を越える体験をする──。しかしこれは単なるSF的空想譚ではない。綿密な考証に基いて江戸の人との世情をリアルに描いた、新機軸の時代小説なのです! 「大江戸シリーズ」第2弾。((講談社文庫)


奇想天外にして珍無類の時代小説の傑作長編
東京から160年前の江戸へと「転時」した科学評論家・速見洋介が、文政期の江戸社会へタイムスリップ。
辰巳芸者のいな吉、医師・涼哲等との楽しい日々。綿密な時代考証に基いて、江戸の町と人の意外な世界を活写し読者を駘蕩たる気分に誘う『大江戸神仙伝』続編。

東京から160余年前の文政時代の江戸へタイム・スリップ(転時)した科学評論家の速見洋介が、めくるめくばかりの恋をしつつ、日々、現代人の江戸常識を越える体験をする──。
しかしこれは単なるSF的空想譚ではない。綿密な考証に基いて江戸の人との世情をリアルに描いた、新機軸の時代小説なのです!

目次

  • 芳町
  • 医師
  • 本所
  • 新宿
  • 在所
  • 紅葉
  • 手術
  • あとがき
  • 文庫版へのあとがき
  • 参考文献

製品情報

製品名 大江戸仙境録
著者名 著:石川 英輔
発売日 1992年01月08日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-185065-1
判型 A6
ページ数 360ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る