淀どの哀楽(下)

講談社文庫
ヨドドノアイラクゲ
著:安西 篤子 装画:朝倉 攝
  • 電子あり
淀どの哀楽(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊臣秀吉は茶々を愛し甘やかすが、側室の身は幸せとはいえなかった。激動の戦国に、大切なものは浅井の姫としての誇りであった。秀吉亡き後、遺児・秀頼を守って徳川家康の野望に抗するが、大坂夏ノ陣の炎の中に、武門の娘として潔く滅んでゆく。戦国の男たちの興亡に深くかかわった浅井三姉妹の運命の変転を、美しい茶々の真率な人柄と女の魅力を軸に描く傑作長編小説。<全二冊>

製品情報

製品名 淀どの哀楽(下)
著者名 著:安西 篤子 装画:朝倉 攝
発売日 1987年12月15日
価格 定価 : 400円(税込)
ISBN 978-4-06-184115-4
判型 A6
ページ数 292ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る