淀どの哀楽(上)

講談社文庫
ヨドドノアイラクジョウ
著:安西 篤子 装画:朝倉 攝
  • 電子あり
淀どの哀楽(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江北に名高い豪勇の将・浅井長政と、たぐい稀な美しい妻・お市との長女・茶々は、恐れを知らぬかわいい姫君であった。幼いときに伯父・織田信長によって浅井が滅ぼされ、母の再嫁先・越前北ノ庄もまた、豊臣秀吉の手によって落城した時、何事にも敏い茶々は、託された妹たちをかばって、戦国の女の宿命に従い、敵将・秀吉の側室となった。信長、秀吉の影に生きた淀君の生涯を描いた傑作時代長篇。<全二冊>

製品情報

製品名 淀どの哀楽(上)
著者名 著:安西 篤子 装画:朝倉 攝
発売日 1987年12月15日
価格 定価 : 400円(税込)
ISBN 978-4-06-184114-7
判型 A6
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る