鳥のくる庭

講談社文庫
トリノクルニワ
著:原田 康子 装丁:菊地 信義 装画:脇田 和
  • 電子あり
鳥のくる庭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

身辺のことどもを優しい目で拾うエッセイ集。長く北海道に住み、その一隅から季節の移りゆきを綴り、さりげない暮らしのひとこまの中の新しい発見を語り、旅・交遊・文学を思う。やすらぎに満ちたエッセイ集。


身辺のことどもを優しい目で拾うエッセイ集長く北海道に住み、その一隅から季節の移りゆきを綴り、さりげない暮らしのひとこまの中の新しい発見を語り、旅・交遊・文学を思う。やすらぎに満ちたエッセイ集。

目次

  • 鳥のくる庭
  • 白蛇の卵
  • 三味線になりそこねた猫
  • 白鳥とジャンボ
  • 女の気ばらし
  • 全 集
  • 嗚呼キッチン
  • 銀婚式
  • 最初の挫折
  • 私の十代
  • 裸木とつけ物と
  • 水鳥のいるそば屋
  • コーヒー・ミル
  • 雪の季節
  • 大通公園
  • 春の林
  • 羊蹄山
  • 松前の古寺
  • 十勝野
  • 短い夏
  • II
  • 北海道の憂鬱
  • 出稼ぎ漁夫
  • なつかしの火星人
  • 利尻の犬
  • 山小屋の薬缶
  • 近所の病院
  • 同姓異聞
  • 女ともだち
  • めろん忌
  • リュウ・アーチャー様へ
  • コウフク文書に調印す
  • 父のふるさと
  • 異国・関西
  • ペナンまで
  • III
  • たばこと平野さん
  • インバネスの美男子
  • 船山馨さんの

製品情報

製品名 鳥のくる庭
著者名 著:原田 康子 装丁:菊地 信義 装画:脇田 和
発売日 1987年02月13日
価格 定価 : 370円(税込)
ISBN 978-4-06-183973-1
判型 A6
ページ数 244ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る