げたばき物語

講談社文庫
ゲタバキモノガタリ
著:半村 良 装丁:菊地 信義 装画:大久保 浩
  • 電子あり
げたばき物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

下町生まれで、その風土習慣によって育てられた著者は、35歳で作家へ転身した。それまでに問屋の小僧、水商売、旅館経営、広告代理店員などと、職を変えながら、人生の表裏を見、かつ味わってきた。小説とは、いかに上手に嘘をつくか、だという。その自称「嘘屋」が自身をふり返り、創作の秘密や独特の下町精神を、赤裸々な告白(嘘?)で綴った好エッセイ集。半村作品の秘密を明かすファン必読の書。


いかに壮大に嘘を語るか.半村作品の舞台裏下町生まれの江戸っ子が,バ-テンダ-,広告マン等職業遍歴を重ねたあと,骨っぽくひらき直って,嘘を書き生活してやろうかと考えた.創作秘話を語る好エッセイ

製品情報

製品名 げたばき物語
著者名 著:半村 良 装丁:菊地 信義 装画:大久保 浩
発売日 1984年09月10日
価格 定価 : 380円(税込)
ISBN 978-4-06-183333-3
判型 A6
ページ数 268ページ
シリーズ 講談社文庫

関連シリーズ

オンライン書店で見る