紙の眼

講談社ノベルス
カミノメ
  • 電子あり
紙の眼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

通り魔事件にざわめく街に増殖する、目が描かれた貼り紙――郵便局に勤める「彼」は、ある朝、勤務先の入り口脇に眼の絵が描かれた貼り紙を見つける。その奇妙な貼り紙は、しだいに街中に増殖していくようだった。一方で、「彼」は日常生活を盗撮された写真を誰かから送りつけられるようになる。街で連続して起こる通り魔事件と、「彼」を苦しめる盗撮写真や貼り紙に描かれた眼とは関係があるのか――都市生活者の不安を浮遊感あふれる筆致で捉えた表題作ほか、書下ろし短編5編を収録。

目次

  • 紙の眼
  • キューピッド
  • 濡れた喪服
  • トペ・スイシーダ
  • 鉄柱

製品情報

製品名 紙の眼
著者名 著:大山 尚利
発売日 2013年09月06日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182895-7
判型 新書
ページ数 176ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:大山 尚利(オオヤマ ナオトシ)

1974年生まれ、東京都出身。和光大学人文学部文学科卒。2005年『チューイングボーン』で第12回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞。選考委員の林真里子氏から「まごうかたなき才能の持ち主である」と賞賛される。著書に『1gの巨人』『揺りかごの上で』(ともに双葉社刊)など。

オンライン書店で見る