私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100

講談社ノベルス
ワタシトアクマノヒャクノモンドウクエスチョンズアンドアンサーズオブミーアンドデビルインワンハンドレッド
  • 電子あり
私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

親の事業が失敗し、マスコミに叩かれ、学校にも行けなくなった葛葉紅葉、十七歳。世界中を敵に回した女子高生に、悪魔が契約を持ちかける。その条件とは命を捧げること――ではなく、そいつの「100の質問」に答えることだった……。追い詰められた少女と、尻尾の掴めない男が出逢うときに生まれる、奇妙で不思議な対話の先に待つものは……?


親の事業が失敗し、マスコミに叩かれ、学校にも行けなく
なった葛葉紅葉、十七歳。世界中を敵に回した女子高生に、
悪魔が契約を持ちかける。その条件とは命を捧げること――
ではなく、そいつの「100の質問」に答えることだった……。
追い詰められた少女と、尻尾の掴めない男が出逢うときに
生まれる、奇妙で不思議な対話の先に待つものは……?

セカイの深淵に謎かけを挑む――。上遠野ワールドの真骨頂!

目次

  • FIRST SESSION『なんとなく、嫌悪することについて』
  • Q01 青空と聞いて連想することは
  • Q02 自分と他人どちらを軽いと思うか
  • Q03 簡単でないことはなぜ簡単でないのか
  • Q04 他人はどれくらいに分けるべきか
  • Q05 悪い印象ばかり抱きがちなのはなぜか
  • SECOND SESSION『おおむね、威張ることについて』
  • Q26 教育と他の業種の差異は考慮すべきか
  • Q27 公平はどこまで徹底されているか
  • Q28 何かに守られている気はするか
  • Q29 理解しがたい他人の気持ちになれるか
  • Q30 やる気とは、結局なんなのか
  • THIRD SESSION『ぼんやりと、流行りのことについて』
  • Q42 レンタルに精神性はあるか
  • Q43 無駄な努力をするのも個人の自由か
  • Q44 特別なときと普通のときの境目とは
  • Q45 人間と動物の違いとは
  • Q46 恋愛はトラブルの元になるか
  • FOURTH SESSION『おそらくは、怠けることについて』
  • Q67 馬鹿につける薬はあるか
  • Q68 疲れてるときに眠らず仕事をすべきか
  • Q69 悟りの心境とはなにか
  • Q70 人間の行動はどこまで計算できるか
  • Q71 人が人を褒めるときの主要因はなにか
  • FIFTH SESSION『かろうじて、根拠について』
  • Q87 人形はなぜ怖いのか
  • Q88 幽霊や祟りが怖いのはなぜか
  • Q89 占いをつい信じてしまうのはなぜか
  • Q90 不安はどこまで「気のせい」か
  • Q91 冷静な人物は人生を損しているか
  • SIXTH SESSION『きっと、自由について』
  • Q94 同情とは弱気の表れなのか
  • Q95 不自然なものには必ず理由があるか
  • Q96 なぜ親の説教は面倒くさいのか
  • Q97 妥協しないために何をすべきか
  • Q98 説得力の有無は何に起因するのか
  • Q99 どうして他人に期待してしまうのか
  • Q100 自由とは、結局なんなのか

製品情報

製品名 私と悪魔の100の問答 Questions & Answers of Me & Devil in 100
著者名 著:上遠野 浩平
発売日 2013年10月09日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182892-6
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 2010年10月に小社より単行本として刊行されたもの。

著者紹介

著:上遠野 浩平(カドノ コウヘイ)

1968年生まれ。
『ブギーポップは笑わない』(電撃文庫)でデビューし、ライトノベルブームの礎を築き、以後、多くの作家に影響を与える。同シリーズは、アニメ化、実写映画化など、多くのメディアミックス展開を果たす。
主な著書に、『殺龍事件』『紫骸城事件』などの「事件シリーズ」、『しずるさんと偏屈な使者たち』などの「しずるさんシリーズ」、『ぼくらは虚空に夜を視る』などの「ナイトウォッチシリーズ」などがある。

オンライン書店で見る