溺れる犬は棒で叩け THANATOS

講談社ノベルス
オボレルイヌハボウデタタケタナトス
  • 電子あり
溺れる犬は棒で叩け THANATOS
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「うちの親戚がこんなに横溝なわけがない」
--信州山中の名家。惨劇の連鎖に美少年双子は!?

平安時代からの旧家・在澤家が跡継ぎとして選んだのは、こともあろうに「死神(タナトス)」と呼ばれる少年・立花美樹!
信州山中の屋敷で行われた継承の儀式の日に、案の定、殺人事件が!
鯉池の濾過槽から溺死体が発見された。
水槽に残された「化」という文字、錦鯉の消失、渦巻く陰謀……屋敷に集った「探偵」と呼ばれる弟・立花真樹、謎の刑事、奇矯な監察医が連鎖する死の真相に迫る!

目次

  • 序章 昭和三色 
  • 一章 白写り~真実は目に見えない~ 
  • 二章 山吹黄金~真実は豪奢に笑う~ 
  • 三章 鳴海浅黄~真実は妖しく惑わす~ 
  • 四章 孔雀黄金~真実は錯綜する~ 
  • 五章 金棒~真実への第一歩~ 
  • 断章 葡萄衣~真実は幾重にも~ 
  • 六章 落ち葉しぐれ~真実は陰りを帯びる~ 
  • 七章 秋翠~真実は一筋の道~ 
  • 八章 緋鯉~真実は血塗られる~ 
  • 九章 越の秘色~真実は失われる~ 
  • 十章 九紋竜~真実は流転する~ 
  • 十一章 トビ~真実は共喰いする~ 
  • 断章 鏡鯉~欠けた異形の真実~ 
  • 終章 大正三毛

製品情報

製品名 溺れる犬は棒で叩け THANATOS
著者名 著:汀 こるもの
発売日 2013年07月05日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-182874-2
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:汀 こるもの(ミギワ コルモノ)

1977年大阪府生まれ。
追手門学院大学文学部卒。
有栖川有栖氏が「生意気な新人が現れた」と評した『パラダイス・クローズド』で第37回メフィスト賞を受賞しデビュー。以来「THANATOS」シリーズ、「完全犯罪研究部」シリーズを発表。マニアックなファンの支持を集めている。
またドラマCD『王子様と人魚の恋』のシナリオ、サウンドノベル『真かまいたちの夜 11人目の訪問者』のサブシナリオを担当するなど活躍の場が広がっている。

オンライン書店で見る