やぶへび

講談社ノベルス
ヤブヘビ
やぶへび
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元刑事を待つ「見知らぬ妻」。
彼女は一体、何者なのか?
鍵を握るのは「へび」だった―

大沢ワールドが炸裂する弾丸エンターテインメント!!

女と付き合うと泥沼にはまる「マイナスの女好き」の元刑事・甲賀。定職なし、貯えなしで不惑の年の瀬を迎えると、突如警察から「奥さんを保護した」と連絡が。待っていたのは記憶を失った「見知らぬ妻」。2ヵ月前、“偽装結婚”をした中国人女性だった。何か犯罪が絡んでいるのか? 甲賀はまたしても、はまってしまったのか? “妻”と調べ始めると、驚愕の出来事が次々と――。

製品情報

製品名 やぶへび
著者名 著:大沢 在昌
発売日 2012年12月07日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-182857-5
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 2010年12月に小社より単行本として刊行されたものを、ノベルス化したもの。

著者紹介

著:大沢 在昌(オオサワ アリマサ)

1956年、愛知県名古屋市生まれ。慶應義塾大学中退。79年、「感傷の街角」で小説推理新人賞を受賞し、デビュー。91年、『新宿鮫』で吉川英治文学新人賞と日本推理作家協会賞長編部門を受賞。94年に『無間人形 新宿鮫4』で直木賞、2004年に『パンドラ・アイランド』で柴田錬三郎賞、2010年に日本ミステリー文学大賞を受賞。近著に『絆回廊 新宿鮫10』『鮫島の貌 新宿鮫短編集』『語りつづけろ、届くまで』などがある。