書物審問

講談社ノベルス
ランキジシォン
書物審問
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

密閉された「書物城」で
稀覯本が“殺されて”いく……

「書物」シリーズ待望の“本格長編”!

世に出れば、国を、政治を、歴史を揺るがしかねない
秘密をはらんだ本を、合法非合法を問わず、
あらゆる手段を用いて入手する、書物狩人。
彼と三人の客が稀覯本の宝庫「書物城」に招かれた。
翌朝、城に架かる吊り橋が爆破され、外部と連絡不能に。
そして「指揮者」の本が奪われ、絞首刑の如く吊るされた――。
すべては「城主」の企てなのか?
書物狩人が、城と稀覯本に秘められた謎に挑む!

製品情報

製品名 書物審問
著者名 著:赤城 毅
発売日 2012年11月08日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-182854-4
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:赤城 毅(アカギ ツヨシ)

1961年、東京都生まれ。立教大学卒業後、ドイツに留学。帰国後、大学講師として教鞭をとるかたわら、1998年に『魔大陸の鷹』でデビュー。その面白さに、田中芳樹氏、荒俣宏氏らがお墨付きを与えた。近著に『氷海のウラヌス』『書物輪舞』などがある。