虹果て村の秘密

講談社ノベルス
ニジハテムラノヒミツ
虹果て村の秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 将来、推理作家になる夢を持った少年・秀介と、刑事になりたくてしょうがない少女・優希。二人は、優希の母親で推理作家の二宮ミサトが持つ、虹果て村の別荘で夏休みを過ごすことに。その村では高速道路の建設を巡り村人たちが争っており、ついには密室殺人事件が発生! 少年たちは、手を取り合い犯人捜しを始めるのだが……!?

目次

  • 第一章 ナスビにゆられて虹の村へ
  • 第二章 インクの匂う部屋
  • 第三章 夏空の向こう側
  • 第四章 ざわめく森
  • 第五章 不吉な三日月が昇る
  • 第六章 朝焼けがくるまでに
  • 第七章 今は一輪のバラを
  • わたしが子どもだったころ
  • ノベルス版あとがき

製品情報

製品名 虹果て村の秘密
著者名 著:有栖川 有栖
発売日 2012年08月08日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182844-5
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 2003年に「ミステリーランド」として出版されたものをノベルス化したもの。