増加博士の事件簿

講談社ノベルス
ゾウカハカセノジケンボ
増加博士の事件簿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 半分に千切られたトランプ、血染めの五芒星、手に握られた釣り餌、口の中の割れた茶碗、鼻の穴に突っ込まれた指……凶悪事件現場に遺されたあまりに不可解なダイイング・メッセージ。その真相に巨漢の名探偵・増加博士と痩身の羽鳥警部の凸凹コンビが挑む!
 不可能犯罪、トリック、ユーモア、そしてウンチクがたっぷりと詰まった“頭脳刺激”系ミステリー誕生!

<著者の言葉>
 普段、長編推理小説を書くことが多い私ですが、パズル雑誌の依頼に応えるため、ショート・ショート・ミステリーを書きました。といっても、〈本格〉から離れることができず、トリックやダイイング・メッセージ満載の短編集となりました。登場するのは、講談社文庫『増加博士と目減卿』でお馴染みの、フェル博士ならぬ増加博士です。----二階堂黎人

目次

  • ダイヤのJ 
  • 狐火のマジック
  • ドラキュラ殺人事件 
  • 人工衛星の殺人 
  • 死者の指先 
  • ペニー・ブラックの謎 
  • ある陶芸家の死 
  • 北アルプスのアリバイ 
  • 花の中の死体 
  • おクマさん殺し 
  • 果物の名前 
  • カツラの秘密
  • 火炎の密室 
  • ゴカイと五階 
  • パソコンの中の暗号 
  • 猟奇的殺人 
  • トランプ・マジック 
  • 物質転送機 
  • 〈M・I〉は誰だ? 
  • 密室の中の死者 
  • 嘘つき倶楽部
  • 嘘つきのアリバイ 
  • 〈増加博士の講演〉から 
  • 呪われたナイフ 
  • 謎めいた記号 
  • ペンション殺人事件 
  • 絞首台美女切断事件

製品情報

製品名 増加博士の事件簿
著者名 著:二階堂 黎人
発売日 2012年05月09日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182834-6
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 『ニコリ』2005年夏号Vol.111~2012年冬号Vol.137

著者紹介

著:二階堂 黎人(ニカイドウ レイト)

1959年7月19日東京都に生まれる。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』(講談社文庫所収)が佳作入選、1992年『地獄の奇術師』でデビューし、推理小説界の注目を大いに集める。全四部からなる長大な本格推理小説『人狼城の恐怖』は1999年版の本格ミステリベスト10の第1位を獲得した。近著に『覇王の死 二階堂蘭子の帰還』『東尋坊マジック』『僕らが愛した手塚治虫≪激動編≫』などがある。