覇王の死 二階堂蘭子の帰還

講談社ノベルス
ハオウノシ
覇王の死 二階堂蘭子の帰還
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

<貴方の不要な命を高価買い取りします>
奇妙な広告にいざなわれ、毒島法律事務所へ出向いた極貧青年・青木俊治。彼は弁護士から自分が資産家・邑知家の血を受け継ぐ尾崎智仁(故人)と瓜二つであることを聞かされ、邑知家乗っ取り計画を依頼された。
悪魔の誘惑に心奪われた青木は、智仁になりすまして能登半島の眞塊村へと向かう。だが待ちうけていたのは青年の命を脅かす惨劇!
村を襲う化物、狂気にかられる村人、猟奇殺人、魔王ラビリンスからの殺人予告、密室殺人……。
外界から閉ざされ、多くの因習が残る村で、美しき名探偵・二階堂蘭子は真相に辿りつけるのか? そして<蘭子vs.ラビリンス>最後の戦いへ!

目次

  • 第一部 暗黒への入口
  •  第一章 猟奇の扉
  •  第二章 悪魔の計画
  • 第二部 ニューホーリー村殺人事件
  •  第一章 ケネスの不安
  •  第二章 沼のほとりの悲劇
  •  【サイモン・ベックの書き散らし】
  •  第三章 巨木の磔刑
  •  第四章 疑惑の数々
  •  【シルビア・マレーの独り言】
  •  第五章 〈クンダリー〉の洞窟
  •  【ジム・コスナーの場合】
  •  第六章 遺された日記
  • 第三部 〈魔界谷〉の〈蛇神屋敷〉
  •  第一章 〈魔界谷〉の眞塊村
  •  第二章 〈黒屋敷〉の中
  •  第三章 杏香との関係
  •  【ユージン・ボーデンの悲劇】
  •  【キンバリー・ローガンの絶望】
  •  【サイモン・ベックの顛末】
  •  第四章 〈眞塊谷〉の伝説
  •  【ケネスの恐怖と確信】
  •  第五章 財宝の新たな手掛かり
  •  【村長と牧師の会話】
  •  第六章 もう一人の男
  •  【イーライ・フランクの犯罪】
  •  第七章 〈蛇神屋敷〉の姫君
  •  【リンダ・シュミットの悪夢】
  •  第八章 瀕死の覇王
  •  【隣村から来た男と女】
  •  第九章 不可能犯罪
  •  第十章 奈落への落下
  • 第四部 覇王の死
  •  第一章 二階堂蘭子の帰還
  •  第二章 ラビリンスの手掛かり
  •  第三章 記憶のパズル
  •  第四章 ラビリンスの犠牲者
  •  第五章 狂気と悪夢の正体
  •  第六章 悪魔たちの墓場
  • 第五部 光明への出口
  •  第一章 もう一つの真相
  •  第二部 隠し財宝の秘密
  •  エピローグ

製品情報

製品名 覇王の死 二階堂蘭子の帰還
著者名 著:二階堂 黎人
発売日 2012年02月08日
価格 定価 : 本体1,480円(税別)
ISBN 978-4-06-182816-2
判型 新書
ページ数 512ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 『メフィスト』2010年VOL.2~2011年VOL.3 収録にあたり、加筆訂正がされている。

著者紹介

著:二階堂 黎人(ニカイドウ レイト)

(にかいどう・れいと)
1959年7月19日東京都生まれ。中央大学理工学部卒業。在学中は「手塚治虫ファンクラブ」会長を務める。
1990年に第1回鮎川哲也賞で『吸血の家』が佳作入選、1992年に『地獄の奇術師』でデビュー。
主な著書に、名探偵・二階堂蘭子を主人公にした『聖アウスラ修道院の惨劇』『悪霊の館』『魔術王事件』『双面獣事件』、世界最長の本格推理小説『人狼城の恐怖』4部作、SF本格ミステリ『聖域の殺戮』、怪盗アルセーヌ・ルパンを主人公にした『カーの復讐』など。また近著に『東尋坊マジック』がある。