童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚

講談社ノベルス
ドウワヲナクシタアカトキニ
童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祖父の遺品は呪われた本!? おびえる孫娘のため秋は怪異に対峙するが……。
大人気シリーズ“薬屋探偵怪奇譚”!

「子供も楽しめるお伽噺だったはずが、地獄や悪魔の物語へ勝手に書き変わっていたのです。呪われた本を遺した祖父は、実は私を恨んでいたのでしょうか?」
怪異と祖父の怨嗟に怯え、笑顔を忘れた孫娘の調査依頼をひょんなことから受けた深山木秋。祖父の屋敷を訪れた彼は多くの妖(あやかし)と本を巡る戦慄の事件に遭遇する。
急ぐ真相究明! 彼女の閉じた心に夜明けは来るのか?

目次

  • 第一章 笑わない女
  • 第二章 作戦会議(甲)
  • 第三章 名探偵登場
  • 第四章 作戦会議(乙)
  • 第五章 助手の苦悩
  • 第六章 作戦会議(丙)
  • 第七章 薬屋と敗北
  • 第八章 反省会
  • あとがき

製品情報

製品名 童話を失くした明時に 薬屋探偵怪奇譚
著者名 著:高里 椎奈
発売日 2011年09月08日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-182792-9
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社ノベルス

関連シリーズ