咸陽の闇

講談社ノベルス
カンヨウノヤミ
咸陽の闇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不老不死を願う始皇帝はなぜ巨大な生前墓 兵馬俑(へいばよう)を造らせたのか?
痛快! 中国歴史ミステリー!!

「驪山(りざん)(兵馬俑)に首塚、触れてはならぬ。 寄ればたちまち首が飛ぶ」
不気味な歌が流行る秦の都・咸陽(かんよう)で怪事件が続発!
「首塚に現れた人食い女」「若い娘の連続失踪」
「皮だけが残る大量の死体」「人造人間の出現」
――街を恐怖へと陥れるは化生(けしょう)たちの仕業か?
そして「驪山」に隠された始皇帝の野望とは?
伝説の方士・徐福(じょふく)の弟子たちが、剣術、医術、推理……超越した能力を駆使して、巨大な都の秘密を暴く!

製品情報

製品名 咸陽の闇
著者名 著:丸山 天寿
発売日 2011年08月05日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-182783-7
判型 新書
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社ノベルス