亡羊の嘆 鬼籍通覧

講談社ノベルス
ボウヨウノタンキセキツウラン
亡羊の嘆 鬼籍通覧
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「料理に必要なのは、夢と愛!」TVで大人気の料理研究家・夢崎愛美。有名人の彼女が法医学者たちでさえ目を覆いたくなる、異様な刺殺体で発見された。O医科大学法医学教室での解剖の結果、多数の刃物を使った芸術的ともいえる刺殺方法が明らかに……。何故ここまで残酷に? 怨恨殺人か、快楽殺人か? 犯人が遺体に込めたメッセージとは? 伊月崇と伏野ミチルの名コンビが事件の真相に迫る! (講談社ノベルス)


舞台は法医学教室!鬼籍通覧シリーズ最新刊

目次

一章 年の始めのためしとて
間奏 飯食う人々 その一
二章 心には心のものさし
間奏 飯食う人々 その二
三章 つないだ言葉を追いかけて
間奏 飯食う人々 その三
四章 誰がための罪
締めの飯食う(予定の)人々

あとがき

製品情報

製品名 亡羊の嘆 鬼籍通覧
著者名 著:椹野 道流
発売日 2008年06月07日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-182596-3
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社ノベルス