凶鳥の如き忌むもの

講談社ノベルス
マガトリノゴトキイムモノ
凶鳥の如き忌むもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

空前絶後の“人間消失”にミステリー界騒然!!
逃げ場のない拝殿から、巫女が消えた真相は?

怪異譚を求め日本中をたずねる小説家・刀城言耶(とうじょうげんや)は瀬戸内にある鳥坏島(とりつきじま)の秘儀を取材しに行く。島の断崖絶壁の上に造られた拝殿で執り行われる<鳥人の儀>とは何か?儀礼中に消える巫女!大鳥様の奇跡か?はたまた鳥女(とりめ)と呼ばれる化け物の仕業なのか? 本格ミステリーと民俗ホラーを融合させた高密度推理小説。

製品情報

製品名 凶鳥の如き忌むもの
著者名 著:三津田 信三
発売日 2006年09月08日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-182497-3
判型 新書
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社ノベルス