私が彼を殺した

講談社ノベルス
ワタシガカレヲコロシタ
私が彼を殺した
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

純本格ミステリ!!全編が「読者への挑戦状」!

流行作家・穂高誠が、新進の女流詩人・神林美和子との結婚式当日に毒殺された。美和子の兄・貴弘、穂高のマネージャー・駿河直之、穂高の担当編集者・雪笹香織。彼らは皆、事件後つぶやく。「私が彼を殺した」と……。容疑者は3人。そして犯人は1人。卓絶のテクニックで繰り出される真相を、はたしてあなたは看破できるか?

●著者のことば
メモを取りながらページをめくり、作者がちりばめたヒントを手がかりに真相を推理する――かつて探偵小説と呼ばれたものを愛した人々の楽しみは、そういうものだったはずである。それを何とか復活させたいと思った。だが作業は想像以上に大変なものとなった。こんな馬鹿なことするのも、これが最後かもしれない。

製品情報

製品名 私が彼を殺した
著者名 著:東野 圭吾
発売日 1999年02月03日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-182046-3
判型 新書
ページ数 284ページ
シリーズ 講談社ノベルス
初出 小説現代増刊号『メフィスト』1997年9月号、12月号、1998年5月号、10月号