中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界

講談社学術文庫
チュウセイノオトキンセイノオトカネノネノムスブセカイ
  • 電子あり
中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

音に託された意味の変化から中近世の日本社会を読む。中世において誓いの場や裁判の場で撞かれていた神聖な鐘は、次第に日常的な音になり、危険や時刻を知らせる役割を果たすようになった。神の世界と人間をつなぐ音から、人間同士をつなぐ音へ。その変遷を、史料に加え民俗学の成果も多分に用いて考察する。記録には残りにくい当時の人びとの感性や感覚を追うことで、中近世の社会・文化を描き出す。


響きわたる鐘の音は人びとに何を告げたのか。古くは神の世界と人間とを繋ぐ音であった鐘の音は、次第に危急や時を告げる人間同士の合図となった。その意識の変化に着目し当時の社会・文化に迫る独自の論考。

目次

  • 第1章 これまでの研究
  • 第2章 誓いの鐘をめぐって
  • 第3章 他界から来た鐘
  • 第4章 鐘の音の効果
  • 第5章 無間の鐘
  • 第6章 音を出す器具と音の役割
  • 第7章 神仏の出現と音
  • 第8章 夜の世界
  • 第9章 鋳物師に対する意識
  • 第10章 神隠しと鉦や太鼓
  • 第11章 軍器としての鐘や太鼓
  • 第12章 時の鐘
  • 第13章 寺の増加と山のお寺
  • 第14章 鋳物師の増加
  • 第15章 近世の危急を告げる音
  • 第16章 娯楽としての音楽

製品情報

製品名 中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界
著者名 著:笹本 正治
発売日 2008年04月12日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-159868-3
通巻番号 1868
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:本書の原本は、1990年、名著出版より刊行。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【講談社学術文庫40周年】1976~2002年の名著20点を「特別復刊!」
講談社学術文庫は、2016年で40周年を迎えました。40周年の節目を記念して、読者から復刊のリクエストが多かった書目を中心に、20点の名著を復刊しました。いずれも読者の方々に長く愛読されたものばかりですが、現在入手しづらくなっている良著です。

オンライン書店で見る