明六社

講談社学術文庫
メイロクシャ
明六社
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

初の学術結社・啓蒙雑誌・演説会 「明六社」研究の決定版

明治6年7月、森有礼の発案、西村茂樹らの尽力で、当代一流の洋学者たちが集まり、明六社が結成された。初の学術結社、初の啓蒙雑誌の刊行、初の演説会の開催。近代化をめざし、暗中模索で歩み出した明治初期、彼らは文明開化の思潮を先導し、人々を啓蒙していった。その労苦の跡を辿り、明六社、『明六雑誌』、演説会の実際や意義などを豊富な史料を使って実証的に論じる。

明治6年7月、日本で最初の学術結社として明六社が帝都東京に誕生した。任地アメリカから帰国した新進外務官僚森有礼の提案に、(中略)当代の著名な学者が賛同して集まったのである。明六社は社則を定め、定期的に会合を開き、社員の論文を掲載した雑誌(『明六雑誌』)を発行し、さらに公開演説会も開催し(中略)、一般の人々の啓蒙をめざした。――<本書「まえがき」より>

目次

  • 第1部 明六社考
  •  1 明六社の結成
  •  2 社員の構成
  •  3 明六社演説――演説会のはじまり
  •  4 『明六雑誌』の発刊
  •  5 明六社の終末―解散――文化史的位置づけ
  • 第2部 明六社関係史料編
  •  1 「明六社制規」集
  •  2 明六雑誌発行趣旨
  •  3 『明六雑誌』総目次・執筆者別索引
  •  4 論文補遺――海関税ノ説 西周
  •  5 諸新聞掲載明六社関係記事
  •  6 森有礼書翰
  •  7 加藤弘之日記抄
  •  8 福沢諭吉著「福沢全集緒言」抄(明治30年)
  •  9 清水連郎(工学士)「瑞穂屋卯三郎のこと」抄
  •  10 植木枝盛日記抄
  • 第3部 関連論文
  •  1 福沢諭吉と明治初期の学界――とくに明六社と東京学士会院を中心として
  •  2 明六社の人々
  •  3 文明開化

製品情報

製品名 明六社
著者名 著:大久保 利謙
発売日 2007年10月12日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-159843-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:1976年に立体社から刊行された『明六社考』を底本とし、明六社に関係のある論文を三編追加。なお本文の文章は吉川弘文館刊『大久保利謙歴史著作集』第六巻に収録したものを使用。