「縮み」志向の日本人

講談社学術文庫
チヂミシコウノニホンジン
「縮み」志向の日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの『菊と刀』と並ぶ 外国人による日本文化論の傑作!

小さいものに美を認め、あらゆるものを「縮める」ところに日本文化の特徴がある。世界中に送り出された扇子、エレクトロニクスの先駆けとなったトランジスタなどはそうした「和魂」が創り出したオリジナル商品であった。他に入れ子型・折詰め弁当型・能面型など「縮み」の類型に拠って日本文化の特質を分析、“日本人論中の最高傑作”と言われる名著。

目次

  • 第1章 裸の日本論
  • 第2章 「縮み志向」6型
  • 第3章 自然にあらわれた「縮み」の文化
  • 第4章 人と社会にあらわれた「縮み」の文化
  • 第5章 現代にあらわれた「縮み」の文化
  • 第6章 「拡がり」の文化と今日の日本

製品情報

製品名 「縮み」志向の日本人
著者名 著:李 御寧
発売日 2007年04月11日
価格 定価 : 本体1,260円(税別)
ISBN 978-4-06-159816-4
通巻番号 1816
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1982年に学生社より刊行され、1984年に講談社文庫に収録された。本書底本は、小社文庫版。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス