江戸娯楽誌

講談社学術文庫
エドゴラクシ
江戸娯楽誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

軽業、落語、万歳、花見、蛍狩り……多彩な娯楽が彩った江戸

江戸は娯楽の宝庫であった。軽業(かるわざ)、曲独楽(きょくごま)、のぞきからくり等、修練の極をしめす街頭の芸人の至芸や珍奇さを売り物にした見世物・大道芸、宝引(ほうび)きや蛍狩りといった四季折々の好楽、大山詣りや富くじ等の信仰と結びついた行事や遊び……。江戸の暮らしに潤いとリズムを与えた娯楽の数々を、庶民の飾らない心の内を映し出す小咄・川柳を配して紹介する。

目次

  • その1 見世物
  • その2 大道芸
  • その3 日常の遊び
  • その4 四季の好楽
  • その5 信仰をめぐる楽しみ

製品情報

製品名 江戸娯楽誌
著者名 著:興津 要
発売日 2005年08月12日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-159722-8
通巻番号 1722
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1983年に作品社から刊行された同名の書を文庫化した。