君あり、故に我あり

講談社学術文庫
キミアリユエニワレアリイゾンノセンゲン
君あり、故に我あり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

インド思想が説く平和をめざす新原理

9歳でジャイナ教の修行僧、ガンジー思想にも共鳴し、8000マイルの平和巡礼を行ったインド生まれの思想家は、自然に対する愛を強調した独自の平和の思想を提唱する。デカルト以降、近代の二元論的世界観は対立を助長した。分離する哲学から関係をみる哲学へ。暴力から非暴力へ。思いやりに満ちた心の大切さを力説し、地球は1つと、相互関係・共生関係に基づく平和への新しい展望を示す。

私が目撃したツイン・タワーへの攻撃のような悲劇や、軍備拡張競争、環境悪化、社会的不公正などの国際的葛藤は、デカルト的懐疑、二元論、個人主義、その他すべての「何々主義」に根ざしている。(それに対し、)私は、サンスクリットの格言「ソーハム」に要約される、新たな世界観を持っている。この格言は私のマントラになった。これは二元論ではなく、分割されない関係を表すマントラである。――<本書「はじめに」より>

目次

  • 第1部 意味との出会い
  • 第2部 全体性の探求
  • 第3部 インドを巡る旅
  • 第4部 関係をみる哲学

製品情報

製品名 君あり、故に我あり
著者名 著:サティシュ・クマ-ル 訳:尾関 修 訳:尾関 沢人
発売日 2005年04月09日
価格 定価 : 本体1,130円(税別)
ISBN 978-4-06-159706-8
通巻番号 1706
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス