熊野詣

講談社学術文庫
クマノモウデ
  • 電子あり
熊野詣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

院政期の上皇が、鎌倉時代の武士が、そして名もなき多くの民衆が、救済を求めて歩いた「死の国」熊野。記紀神話と仏教説話、修験思想の融合が織りなす謎と幻想に満ちた聖なる空間は、日本人の思想とこころの源流にほかならない。仏教民俗学の巨人が熊野三山を踏査し、豊かな自然に育まれた信仰と文化の全貌を活写した歴史的名著が、待望の文庫化。


仏教民俗学の巨人の大いなる足跡
神道・仏教・修験が融合する謎と幻想の聖なる空間

院政期の上皇が、鎌倉時代の武士が、そして名もなき多くの民衆が、救済を求めて歩いた「死の国」熊野。記紀神話と仏教説話、修験思想の融合が織りなす謎と幻想に満ちた聖なる空間は、日本人の思想とこころの源流にほかならない。仏教民俗学の巨人が熊野三山を踏査し、豊かな自然に育まれた信仰と文化の全貌を活写した歴史的名著を、待望の文庫版に。

熊野の謎はまた人の心の謎でもある。この謎は古代から中世の庶民が、われわれにむかってかけた謎である。合理主義に徹した文化人、知識人の心は、合理主義の公式で解ける。しかし非合理的、前論理的な庶民の心は、公式では解けない。熊野の謎はそのような庶民の心の謎である。それは神道理論も、仏教理論も、美学理論もうけつけない。ただわれわれは熊野三山の歴史と遺物を虚心にみつめ、熊野三山の一木一石一径をあじわうよりほかはないのである。――<本書「むすび」より>

目次

  • 第1章
  •  紀路と伊勢路と
  •  死者の国の烏
  •  補陀落渡海
  •  一遍聖絵
  • 第2章
  •  小栗街道
  •  熊野別当
  •  熊野御幸
  • 第3章
  •  音無川
  •  速玉の神
  •  那智のお山

製品情報

製品名 熊野詣
著者名 著:五来 重
発売日 2004年12月11日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-159685-6
通巻番号 1685
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1967年、淡交新社から刊行された『熊野詣』を根底に、著作権継承者の了承を得て、適宜、改行を施し、図版を全面的に入れ替え、再編集したもの。

オンライン書店で見る