千利休

講談社学術文庫
センノリキュウ
  • 電子あり
千利休
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

信長・秀吉との交流、草庵茶湯の大成、そして悲劇的な賜死――。本書は、劇的にして謎に満ちたその生涯に対峙し、史料の精緻な読解にもとづく論証によって、茶聖の人物と思想、さらに日本文化史における位相を究明する。人間・千利休を鮮明に描き出し、研究者のみならず茶道界にも衝撃を与え、その後の利休像を決定づけた不朽の名著。(講談社学術文庫)


信長・秀吉との交流、草庵茶湯の大成、そして悲劇的な賜死――。本書は、劇的にして謎に満ちたその生涯に対峙し、史料の精緻な読解にもとづく論証によって、茶聖の人物と思想、さらに日本文化史における位相を究明する。人間・千利休を鮮明に描き出し、研究者のみならず茶道界にも衝撃を与え、その後の利休像を決定づけた不朽の名著、待望の文庫化。

目次

  • 第1部 茶湯の形成
  •  1 茶湯の成立
  •  2 茶数奇の展開
  •  3 和漢のさかいをまぎらかす
  •  4 市中の山居
  • 第2部 利休とその時代
  •  1 千家家譜の謎
  •  2 町衆茶振舞
  •  3 町衆茶頭の登場
  •  4 茶湯御政道
  •  5 信長から秀吉へ
  •  6 天下一の宗匠
  •  7 破局への道
  • 第3部 利休以後
  •  1 利休の再生とその茶統

製品情報

製品名 千利休
著者名 著:村井 康彦
発売日 2004年02月11日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-159639-9
通巻番号 1639
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本:1977年、日本放送出版協会より刊行されたものを原本とした。

オンライン書店で見る