<戦前>の思考

講談社学術文庫
センゼンノシコウ
<戦前>の思考
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「共産主義が終わった」「55年体制が終わった」――。20世紀最後の10年は「終わり」が強調された時代だった。そして、それは戦前の風景に酷似している。あの戦前を反復しないためにこそ、自身を〈戦前〉において思索することの必要性を説く著者が、明晰な論理展開で繰り広げる思考実験。ネーション=ステートを超克する「希望の原理」とは何か。

目次

  • 帝国とネーション
  • 議会制の問題
  • 自由・平等・友愛
  • 近代の超克
  • 文字論
  • 双系制をめぐって
  • 自主的憲法について
  • 韓国と日本の文学
  • 湾岸戦争下の文学者

製品情報

製品名 <戦前>の思考
著者名 著:柄谷 行人
発売日 2001年03月09日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-159477-7
通巻番号 1477
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’94年2月、文藝より刊行された。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス