名僧列伝(三)

講談社学術文庫
メイソウレツデンサイギョウ・ゲンシン・シンラン・ニチレン
名僧列伝(三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

薄幸(はっこう)の佳人璋子(しょうし)への鎮魂の歌を詠み続けた西行。『往生要集』の著者で、藤原道長の心からの信服を得、念仏による極楽往生の道を説いた恵心僧都源信。全身全霊を打ち込んだ他力の信心を確立した親鸞。『法華経』を信ずることによって、この苦しみに満ちた世界が浄土になることを激しく訴えた日蓮。一沙門として終始した念仏者と唱題者4人を描き出す。

目次

  • 【西行】
  • 西行の出自 運命の美女待賢門院璋子 陰謀の渦 花への開眼 人はどうして歌わずにいられぬのか やがて空しくなりにけるかな 時雨西行 おもしろや!
  • 【源信】
  • 平安時代の念仏 恵心僧都の生い立ち 美しくも荘厳な死 下品往生 『横川法語』
  • 【親鸞】
  • 地獄は一定(いちじょう)すみか 激動 念仏停止(ちょうじ) 二座の聴聞 流人 常陸の国へ 異端邪義 善鸞義絶 冷え冷えと醒めた決断力 その死
  • 【日蓮】
  • 代表的日本人 静かで根強い出発 迫り来る死の恐怖の日々 佐渡流罪 闇を一挙に光へ 身延

製品情報

製品名 名僧列伝(三)
著者名 著:紀野 一義
発売日 2001年08月07日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-159392-3
通巻番号 1392
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は’77年8月、文藝春秋刊行の「名僧列伝(三)」を底本とした。