名僧列伝(一)

講談社学術文庫
メイソウレツデンミョウエ・ドウゲン・イッキュウ・タクアン
名僧列伝(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

時の為政者を導き、その仏教哲学を政治に顕現した明恵。苔寺の石庭に託された夢窓の思想。自由で人間味あふれる風狂の人、一休。末法思想を拒み、真我探求の坐禅の教えを説いた道元。自らの禅哲学と権力の狭間で、苦悩する反骨の人、沢庵。平安末期から江戸初期にいたる乱世を生きた5人の僧の求道の生きざまと思想の神髄に迫る。

目次

  • 1 明恵
  • 2 道元
  • 3 夢窓
  • 4 一休
  • 5 沢庵

製品情報

製品名 名僧列伝(一)
著者名 著:紀野 一義
発売日 1999年08月10日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-159389-3
通巻番号 1389
判型 A6
ページ数 266ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 底本:本書は’78年10月、文藝春秋刊行の「名僧列伝(一)」を底本とした。