講談社学術文庫
ヘビニホンノヘビシンコウ
蛇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

縄文土器においてすでに、活力溢れる蛇の造形が数多く見られる。蛇に対する強烈な畏敬と物凄い嫌悪、この二元の緊張は注連縄(しめなわ)・鏡餅(かがみもち)・案山子(かかし)など数多くの蛇の象徴物を生んだ。日本各地の祭祀と伝承に鋭利なメスを入れ、洗練と象徴の中にその跡を隠し永続する蛇信仰の実態を大胆かつ明晰に検証する意欲的論考!


古代日本は蛇信仰が盛んであった。縄文土器にも活力溢れる蛇の造形がたくさん見られる。蛇に対する強烈な畏敬と物凄い嫌悪、この二元の緊張は注連縄(しめなわ)・鏡餅(かがみもち)・案山子(かかし)など数多くの蛇の象徴物を生んだ。日本各地の祭祀と伝承に鋭利なメスを入れ、洗練と象徴の中にその跡を隠し永続する蛇信仰の実態を大胆かつ明晰に検証する意欲的論考である。

目次

  • 第1章 蛇の生態と古代日本人
  • 第2章 蛇の古語「カカ」
  • 第3章 神鏡考
  • 第4章 鏡餅考
  • 第5章 蛇を着る思想
  • 第6章 蛇巫の存在
  • 第7章 日本の古代哲学

製品情報

製品名
著者名 著:吉野 裕子
発売日 1999年05月10日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-159378-7
通巻番号 1378
判型 A6
ページ数 326ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 ’79年2月、法政大学出版局より刊行

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス