不死のワンダ-ランド

講談社学術文庫
フシノワンダーランドセンソウノセイキヲコエテ
不死のワンダ-ランド
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間にとっての最大の暴力ないし災厄として、不安や恐怖の最後の対象である〈死〉。著者は、世界大戦による大量死の時代を背景に登場したハイデガー哲学と、それに続くバタイユ、ブランショ、レヴィナスらの〈死〉に真正面から向き合った思想を考察する。さらに〈死の抑止〉を旨とする現代医学をも視野に入れ、現代人が直面する未知の状況──〈私の死〉を死ぬことができぬ状況を的確に照射した画期的論考。

目次

  • 1 〈ある〉、または〈存在〉の夜と霧
  • 2 死の不可能性、または公共化する死
  • 3 ハイデガーの褐色のシャツ
  • 4 数と凡庸への否と諾
  • 5 〈不安〉から〈不気味なもの〉へ
  • 6 〈不死〉のワンダーランド

製品情報

製品名 不死のワンダ-ランド
著者名 著:西谷 修
発売日 1996年07月10日
価格 定価 : 本体913円(税別)
ISBN 978-4-06-159240-7
通巻番号 1240
判型 A6
ページ数 324ページ
シリーズ 講談社学術文庫