経済史の理論

講談社学術文庫
ケイザイシノリロン
経済史の理論
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀を代表する理論経済学の巨匠ヒックスが、「市場の勃興」を中心に世界経済史の道筋を理論的に解説。古代地中海世界の都市国家で活躍した商人がその交易活動によって「市場の浸透」の第一局面を開拓。続いて古代ローマにおける貨幣や法の整備、中世イタリアの銀行など信用制度の発達による中期の局面を経て、産業革命期の近代で市場経済が支配的になったとした。現代経済社会の理解に必携の名著。

目次

  • 1 理論と歴史
  • 2 慣習と指令
  • 3 市場の勃興
  • 4 都市国家と植民地
  • 5 貨幣・法・信用
  • 6 国家の財政
  • 7 農業の商業化
  • 8 労働市場
  • 9 産業革命
  • 10 結論

製品情報

製品名 経済史の理論
著者名 著:J・リチャ-ド・ヒックス 訳:新保 博 訳:渡辺 文夫
発売日 1995年12月04日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-159207-0
通巻番号 1207
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス