国民経済 その歴史的考察

講談社学術文庫
コクミンケイザイソノレキシテキコウサツ
国民経済 その歴史的考察
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

資本主義や民主主義は、どのようにして成立したのか。英米2国の歴史的分析をもとに、社会的分業と協働に基づく国民経済の成立を活写し、そこから生じた共同の利害が民主主義を育んだと主張する。また加工貿易型産業構造のオランダの衰退を指摘し、さらに「南洋の泡沫」事件など十八世紀の熱狂的な株式投機とその崩壊をも考察。今日の政治、経済の本質に鋭く迫るきわめて示唆に富んだ不朽の名著。

目次

  • ●第1部 序説
  •  1 経営者ロビンソン・クルーソウ
  •  2 デフォウの産業都市計画
  •  3 重商主義──訳語の運命について
  •  4 国民的産業──重商主義政策の支柱
  •  5 貿易国家の二つの道
  • ●第2部 富──その近代的形態
  •  1 近代化の歴史的起点──いわゆる民富の形成について
  •  2 近代社会の生産力的基盤──貿易国家の二つの型
  •  3 経済的繁栄の幻像──投機による擬制的富の終末
  • ●第3部 国民経済──歴史的視野での考察
  •  1 政治的独立と国民経済の形成
  •  2 民主主義と経済構造

製品情報

製品名 国民経済 その歴史的考察
著者名 著:大塚 久雄
発売日 1994年10月04日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-159145-5
通巻番号 1145
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は『国民経済』(弘文堂、1965年刊)を底本としました。

著者紹介

著:大塚 久雄(オオツカ ヒサオ)

1907年京都生まれ。東京大学経済学部卒業。法政大学教授を経て、東京大学教授、国際基督教大学教授。文化勲章受章。1996年没。主な著書に、『株式会社発生史論』『近代欧州経済史序説』『社会科学における人間』『社会科学の方法』『近代化の人間的基礎』ほか。主な訳書に、マックス・ウェーバー『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』ほか。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【講談社学術文庫40周年】1976~2002年の名著20点を「特別復刊!」
講談社学術文庫は、2016年で40周年を迎えました。40周年の節目を記念して、読者から復刊のリクエストが多かった書目を中心に、20点の名著を復刊しました。いずれも読者の方々に長く愛読されたものばかりですが、現在入手しづらくなっている良著です。

関連シリーズ