歎異抄を読む

講談社学術文庫
タンニショウヲヨム
歎異抄を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「歎異抄」は、親鸞晩年の弟子唯円が自らの願いを織りまぜて先師の法語を綴ったものである。「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」の悪人正機の教えや、「わがこころのよく殺さぬにはあらず」の宿業観など、人間存在の根底に迫る真理の言葉といえよう。本書は、原文と現代語訳の対照や解説の扱いに工夫をこらし、「歎異抄」を宗学から開放して仏教思想との関連から平明・懇切に論及した好著。

目次

  • 1 『歎異抄』の成立
  • 2 唯円の歎き―序文―
  • 3 他力のすくい―第1章―
  • 4 ただ念仏して―第2章―
  • 5 悪人正機―第3章―
  • 6 真実の愛―第4、5、6章―
  • 7 念仏に生きる人びと―第7、8、9、10章―
  • 8 聖人のおおせにたがう異端説―別序―
  • 9 概念化の異端を斥ける
  •     ―第11、12、15、17章―
  • 10 律法化の異端を斥ける
  •     ―第13、14、16、18章―
  • 11 伝統と己証―後序―
  • 12 附録ならびに奥書
  • 13 浄土教と『歎異抄』

製品情報

製品名 歎異抄を読む
著者名 著:早島 鏡正
発売日 1992年08月04日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-159040-3
通巻番号 1040
判型 A6
ページ数 286ページ
シリーズ 講談社学術文庫