淮南子の思想 老荘的世界

講談社学術文庫
エナンジノシソウロウソウテキセカイ
淮南子の思想 老荘的世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

漢の武帝の頃、淮南の地を治めた淮南王のもとには大勢の学士食客が集まり、数多くの著作を残した。2000年後の今日に伝わる『淮南子』がそれである。その内容は複雑多様、諸子百家から戦国的自由思想の伝統、また、処世や政治、天文や神話伝説まで集合されている。全体の基調は老荘的なものに貫かれその百科全書的な性格が人々をひきつけてきた。混迷の世を生きる現代人に贈る必読の人世哲学の書。

目次

  • 1 淮南王(わいなんおう)物語
  •   1.淮南王とその時代
  •     1.宿命的な誕生
  •     2.好文の王
  •     3.食客
  •     4.謀反
  •   2.仙人になった淮南王
  •     1.登仙
  •     2.鴻宝万畢(こうほうまんぴつ)の書
  • 2 淮南王の書
  •   1.淮南子21篇
  •     1.淮南子の歴史
  •     2.淮南子の内容
  •   2.老荘的統一
  •     1.要略――多様と統一――
  •     2.さまざまな立場
  •     3.神話伝説
  •     4.道とは何か
  •     5.自然と人事――無為と有為――
  •     6.政治
  •     7.処世と養生
  •     8.老荘的統一――真人と聖人――

製品情報

製品名 淮南子の思想 老荘的世界
著者名 著:金谷 治
発売日 1992年02月05日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-159014-4
通巻番号 1014
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス