マルクスその可能性の中心

講談社学術文庫
マルクスソノカノウセイノチュウシン
マルクスその可能性の中心
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マルクス=ヘーゲル主義の終焉において、われわれは始めてマルクスを読みうる時代に入った。マルクスは、まさにヘーゲルのいう「歴史の終焉」のあとの思想家だったからだ。マルクスの「可能性の中心」を支配的な中心を解体する差異性・外部性に見出す本書は、今後読まれるべきマルクスを先駆的に提示している。価値形態論において「まだ思惟されていないもの」を読み思想界に新たな地平を拓いた衝撃の書。

目次

  • 1 マルクスその可能性の中心
  • 2 歴史について――武田泰淳
  • 3 階級について――漱石試論1
  • 4 文学について――漱石試論2
  • 5 あとがき

製品情報

製品名 マルクスその可能性の中心
著者名 著:柄谷 行人
発売日 1990年07月05日
価格 定価 : 本体930円(税別)
ISBN 978-4-06-158931-5
通巻番号 931
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス