荘子物語

講談社学術文庫
ソウジモノガタリ
荘子物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

荘子は、孔子に遅れること百余年、紀元前4世紀に活躍した中国古代の大思想家である。孔孟の教えが五倫五常を重んじ秩序・身分を固定化するのに対して、荘子の哲学は自由・無差別・無為自然を基本とする。2300年後の今日なお、社会の各分野で荘子が益々注目される所以がそこある。変幻龍のごとしと称されるその天下の奇文を、昭和の大儒諸橋博士が縦横に説いて余すところがない。難しい内容を易しく、これぞまことの名著であろう。

目次

  • 1 夢多き人
  •   1.夢に胡蝶となる
  •   2.栄達に超然
  •   3.尾を途中に曳かん
  •   4.鴟腐鼠を得たり
  •   5.大鵬の志
  •   6.彫陵の反省
  • 2 荘周の生涯
  •   1.先輩孔子・老子
  •   2.孟子と荘子
  •   3.孔孟の生地と老荘の生地
  •   4.孔孟の思想と老荘の思想
  • 3 百家争鳴
  •   1.反間は神紀
  •   2.蘇張の弁
  •   3.胡伐つべし
  •   4.子を智として隣人の父を疑う
  •   5.啗わすに余桃を以てす
  •   6.法家の主張
  •   7.兼愛説と自利説
  •   8.荘子の書と寓言・重言・卮言
  • 4 孔子を哂い聖人を誹る
  •   1.丘は則ち陋なり
  •   2.天これを刑せり
  •   3.虚にして往き実にして帰る
  •   4.肝胆も楚越なり
  •   5.流水に鑑みること莫く、止水に鑑みる
  •   6.形忘るる所あり
  •   7.謾なり、その要を聞かん
  • 5 堯舜を誹る
  •   1.尸祝は樽俎を越えて之に代らず
  •   2.汝を黥するに仁義を以てす
  •   3.白雲に乗じて帝郷に至る
  •   4.塵垢粃糠も堯舜を陶鋳す
  •   5.駢拇と枝指
  •   6.羊を亡うに於ては一なり
  •   7.仁義縄墨の言
  •   8.矯飾の言
  • 6 老子の無
  •   1.本体は一か二か
  •   2.一は有か無か
  •   3.道は無である
  •   4.無は有を生ずるか
  •   5.有の働きは無から
  • 7 無用の用
  •   1.大瓢用無し
  •   2.樗牛
  •   3.匠石顧みず
  •   4.櫟社夢に入る
  •   5.不祥は即ち大祥
  • 8 大小一概 無差別の世界(1)
  •   1.大小は比較のもの
  •   2.井蛙海を語るべからず
  •   3.無限大から見れば大小はない
  •   4.大鵬と野馬塵埃
  •   5.兀者と鄭の子産
  • 9 可不可一貫 無差別の世界(2)
  •   1.東西は相反して共にあり
  •   2.方生の説
  •   3.天地は一指なり
  •   4.我と汝と共に

製品情報

製品名 荘子物語
著者名 著:諸橋 轍次
発売日 1988年10月05日
価格 定価 : 本体1,180円(税別)
ISBN 978-4-06-158848-6
通巻番号 848
判型 A6
ページ数 382ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス