とはずがたり(上)

講談社学術文庫
トハズガタリ
その他:次田 香澄
とはずがたり(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

鎌倉時代前期、武家階級に活力ある政権を奪われた京都では、古来の政治・経済の基盤を失いかけた貴族たちは退廃的な生活にひたっていた。この風潮の中で、家柄と容色と才智にめぐまれた、久我(こが)雅忠の女(むすめ)がその異常な生涯を自らの手で記したのが『とはずがたり』である。14歳の春、無理に後深草院の後宮にされて一皇子を生みながら、複数の男性とも愛欲の生活を続ける大胆・奔放な生き方・体験を露骨に記述する文学史上特異な作品。

目次

  • ●巻1
  • 1・新春の御所、父と後深草院の密約
  • 2・恋人(雪の曙)より文と贈物
  • 3・父邸に退出
  • 4・院父邸に作者を訪う、第一夜
  • 5・雪の曙より文
  • 6・第二夜、院の意に従う
  • 7・御所での不安な日常
  • 8・東二条院の御産の盛儀
  • 9・・御所の人魂の怪異
  • 10後嵯峨院発病、六波羅の変事  ほか
  • ●巻2
  • 1・元旦の感慨
  • 2・粥杖の報復に作者院を打つ
  • 3・院の訴え、一族贖(あが)いに定まる
  • 4・隆親・隆顕らの贖い、隆遍鯉を切る
  • 5・実兼の贖い、久我尼(こがのあま)の反論と院の贖い
  • 6・有明の月から恋の告白をうける
  • 7・亀山院来訪、遊宴ののち文
  • 8・長講堂供養、御壺合せ
  • 9・院の病中有明と契る
  • 10・六条殿供花(くうげ)、伏見の松取り  ほか

製品情報

製品名 とはずがたり(上)
著者名 その他:次田 香澄
発売日 1987年07月06日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-158795-3
通巻番号 795
判型 A6
ページ数 434ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス