短歌一生

講談社学術文庫
タンカイッショウ
短歌一生
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ここに心があり、そこに物があるのではない。物が心であり、心が物である。現実のあらわれかたとしては、物は物であり心は心であるが、二つを結ぶのが詩歌の言葉で、結ぶというのはそれらが本来一であることを証(あか)すのである。詩歌の言葉は、かぎりなく身にちかい。心の声だからである。その心の声が意味を帯びるのは、声が身をはなれて物にとどくからだ。むしろ、物における意味が身において声となるのである。(著書「あとがき」より)

目次

  • 1 作歌の指標
  •   1.底荷
  •   2.歌の道三題
  •   3.作歌の指標1
  •   4.出来、不出来
  •   5.即詠作法
  •   6.作歌の指標2
  •   7.老いと円熟
  • 2 物に到るこころ
  •   1.物に到るこころ
  •   2.俳句に学ぶ
  •   3.序詞と枕詞のこと――物と心と言葉・素稿
  •   4.子規の尖端
  •   5.対蹠(たいせき)的なものの行方
  •   6.「写生」の虚実
  •   7.いのちの歌
  • 3 実作と鑑賞
  •   1.作歌の現場
  •   2.春泥――わが歌の秘密
  •   3.ある年の春に
  •   4.詩歌12カ月
  •   5.花橘(はなたちばな)の一首
  •   6.「ただよふ」につき
  •   7.「東海の小島」のこと
  •   8.寂寥と憧憬
  • 4 わが来し方
  •   1.私の処女作
  •   2.療養所にて
  •   3.歌人・人間・世間――あるいは隠遁について
  •   4.たまものとしての四十代
  •   5.供物の餅
  •   6.季節はわれを
  •   7.立秋のころ
  •   8.還暦
  •   9.余命
  •   10.病後元旦
  •   11.没(い)り日と月の出
  •   12.道の上
  • 5 源流と本質
  •   1.定型意識の問題
  •   2.相聞歌序説
  •   3.物と心と言葉

製品情報

製品名 短歌一生
著者名 著:上田 三四二
発売日 1987年01月06日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-158771-7
通巻番号 771
判型 A6
ページ数 314ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!