昭和の精神史

講談社学術文庫
ショウワノセイシンシ
昭和の精神史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『昭和の精神史』が、雑誌「心」に連載(昭和30年8月-12月)された時は、「10年の後に――あれは何だったのだろう」という表題がついていた。このやや破格な感じがないでもない表題は、これら一連の文章を執筆された頃の先生の心境をむしろ率直に伝えているかと思う。「どうしてああいうふしぎな戦争になったのだろう?」この胸に納めておきたい苦しい疑問を何とか解こうとして一応の解答を纒められたのが本書である。(解説より)

目次

  • 【昭和の精神史】
  • 1 はしがき
  • 2 進歩主義の論理
  • 3 「上からの演繹」――唯物史観
  • 4 事実からの出発
  • 5 青年将校は天皇によって「天皇制」を仆そうとした
  • 6 主観をもった主体
  • 7 社会科学は一般化し歴史は個体化する
  • 8 軍人の団体精神
  • 9 さらに3つのまぎらわしさ
  • 10 「天皇制」の譲歩と宥和
  • 11 国論の一致
  • 12 ファシズムと戦時体制の混同
  • 13 開戦
  • 14 ローリング判事の少数意見
  • 15 東郷被告の場合
  • 【手帳】
  • ・陸に上って
  • ・小市民よ、どこへ行く?
  • ・暁への挨拶
  • ・今
  • ・日記
  • ・汚れた手
  • ・ローリング判事への手紙
  • ・「国が変った」
  • ・日記

製品情報

製品名 昭和の精神史
著者名 著:竹山 道雄 装丁:蟹江 征治
発売日 1985年07月05日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-158696-3
通巻番号 696
判型 A6
ページ数 362ページ
シリーズ 講談社学術文庫

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

おすすめの本