なぞの研究

講談社学術文庫
ナゾノケンキュウ
著:鈴木 棠三 装丁:蟹江 征治 レイアウト:志賀 紀子 その他:石尾 利郎 写真:勝田 敏照
なぞの研究
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

名著、復刊。

日本の「なぞなぞ」の歴史の実態を本書ははじめて解明する。なぞの芽生えが既に上代の典籍に童謡揺歌として見え始め、中国のなぞもその渡来とともに機敏に我々の先祖は摂取した。奈良、平安、室町、江戸期と順次資料に基いて、なぞの変遷や盛衰の跡をたどり、文芸との関わり合いや、古典なぞの解き方、なぞの名人たち、なぞの興行、なぞ本の板行(はんこう)、民間伝承のなぞ等々にいたる、なぞの広汎な種々相を懇切平明に興味深く解説する。

目次

  • 第1章 なぞと文芸――なぞの略史
  • 第2章 なぞの芽生え
  • 第3章 なぞなぞ物語――平安時代のなぞ
  • 第4章 「徒然草」のなぞ――連歌となぞ
  • 第5章 後奈良院の「なぞだて」――室町時代のなぞ
  • 第6章 戦国のなぞ――なぞの創作と伝承
  • 第7章 古典なぞの衰退
  • 第8章 なぞのこころ――三段なぞの発生
  • 第9章 かわりなぞ――雑俳となぞ
  • 第10章 なぞの名人たち――マニヤとなぞの先生
  • 第11章 なぞの笑い――判じ物と笑い話
  • 第12章 民間伝承のなぞ
  • 付録 中世なぞ資料集
  • 旧版のあとがき
  • 跋に代えて
  • 索引

製品情報

製品名 なぞの研究
著者名 著:鈴木 棠三 装丁:蟹江 征治 レイアウト:志賀 紀子 その他:石尾 利郎 写真:勝田 敏照
発売日 1981年04月08日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-158492-1
通巻番号 492
判型 A6
ページ数 381ページ
シリーズ 講談社学術文庫