雨月物語(下)

講談社学術文庫
ウゲツモノガタリ
その他:青木 正次
雨月物語(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古今東西の怪異小説中、群を抜く『雨月物語』は江戸中期の国学者上田秋成の傑作である。本書は巻四「蛇性の婬」と、巻五「青頭巾」「貧福論」を収載。中世以来、邪婬の動物とみられている蛇の化身をテーマにし、一人の優男に終始執念をもやしてつきまとう女の愛欲を綴る「蛇性の婬」、美少年を愛するあまり、その死体を食べ尽くす鬼僧の、同性愛愛欲の妄執を描く「青頭巾」、金銭執着の「貧福論」など、卓抜な怪異描写で人間の執念のすさまじさを描く。

目次

  • 1 巻之四
  •   1.蛇性の婬
  • 2 巻之五
  •   1.青頭巾
  •   2.貧福論
  •   3.下巻各編解説「此岸と彼岸」

製品情報

製品名 雨月物語(下)
著者名 その他:青木 正次
発売日 1981年06月04日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-158488-4
通巻番号 488
判型 A6
ページ数 357ページ
シリーズ 講談社学術文庫

関連シリーズ