人生をいかに生きるか(上)

講談社学術文庫
ジンセイヲイカニイキルカ
著:林 語堂 訳:阪本 勝 装丁:甲賀 友章
人生をいかに生きるか(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人生の目的とはなにか。それは人生をいかに楽しく生きるかにある。ものごとはどこで考えるべきか。それは腸で考えるべきである。中国の生みだした世界的ジャーナリスト、林語堂の手になる本書は、世事生活の万端を語りつくし、人生と生活の妙味を浮きぼりにした名著であり、林語堂の名を不朽のものにした世界的ベストセラーである。軽妙かつ斬新な語り口のなかに、読者は、おのれの人生を生きる考え方を発見することができる。(全2巻)

目次

  • 第1章 目覚め
  • 1 人生に近づく道
  • 2 疑似科学的公式
  • 3 理想としての自由人
  • 第2章 人間観の種々相
  • 1 キリスト教徒、古代ギリシア人および中国人
  • 2 この地上のもの
  • 3 生物学的人間観
  • 4 人生これ一篇の詩
  • 第3章 人間の動物的遺伝
  • 1 猿の叙事詩
  • 2 猿の姿にかたどる
  • 3 生者必滅の弁
  • 4 胃袋を持っているということ
  • 5 精神を持っているということ
  • 第4章 人間的であることについて
  • 1 人間の権威について
  • 2 遊戯的好奇心について──人類文明の発生
  • 3 夢について
  • 4 ユーモアの感覚について
  • 5 人間性の気まぐれと無軌道について
  • 6 個人の尊さ
  • 第5章 誰が人生をもっともよく楽しむことができるか
  • 1 汝みずからを見出せ──荘子
  • 2 情、智、勇──孟子
  • 3 冷笑、大愚、韜晦(とうかい)──老子
  • 4 Half-and-Halfの哲学(中庸)──子思子(ししし)
  • 5 生を愛する者──陶淵明(とうえんめい)
  • 第6章 人生の餐宴
  • 1 幸福とは何か
  • 2 幸福は官能的なもの
  • 3 愉快なひとときに関する金聖嘆の三十三節
  • 4 唯物論の誤解
  • 5 精神的愉楽とは?
  • 第7章 優遊論──たまにぶらぶらして暮らす必要を説く一章
  • 1 人間、すなわち唯一の働く動物
  • 2 閑暇についての中国人の所説
  • 3 閑適生活の礼讃
  • 4 地上ただこれ天国
  • 5 運とは何か
  • 6 アメリカの三つの欠陥

製品情報

製品名 人生をいかに生きるか(上)
著者名 著:林 語堂 訳:阪本 勝 装丁:甲賀 友章
発売日 1979年11月08日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-158446-4
通巻番号 446
判型 A6
ページ数 275ページ
シリーズ 講談社学術文庫