純粋理性批判(3)

講談社学術文庫
ジュンスイリセイヒハン3
著:I・カント 訳:天野 貞祐 装丁:山崎 登 その他:蟹江 征治
  • 電子あり
純粋理性批判(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

前巻で論じた「分量」「性質」「関係」「様相」という四種の範疇を手引きとして、カントは四種の二律背反を設定する。 いかにしてこれらの矛盾する認識を調停していくかが本巻の読みどころである。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。


前巻で論じた「分量」「性質」「関係」「様相」という四種の範疇を手引きとして、カントは四種の二律背反を設定する。こうした矛盾に対して懐疑的絶望に惑溺したり、あるいは無謀なる独断論を振るって自説を頑強に固守するのは、いずれも健全な哲学の死であるとする著者が、いかにしてこれらの矛盾する認識を調停していくかが本巻の読みどころである。「純粋理性の理想」では、、最高存在体たる「神」の存在は果たして証明できるかという問いに挑戦する。。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、iPadでの閲読を推奨します。

製品情報

製品名 純粋理性批判(3)
著者名 著:I・カント 訳:天野 貞祐 装丁:山崎 登 その他:蟹江 征治
発売日 1979年08月08日
価格 定価 : 本体816円(税別)
ISBN 978-4-06-158406-8
通巻番号 406
判型 A6
ページ数 297ページ
シリーズ 講談社学術文庫

オンライン書店で見る