平家物語(十一)

講談社学術文庫
ヘイケモノガタリ
その他:杉本 圭三郎
平家物語(十一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元暦2年2月、義経は精鋭を率い、暴風をついて屋島を奇襲し、平家を破った。壇の浦に遁れた平家勢と、これを追う源氏勢との最後の合戦が、同年3月24日関門海峡で繰広げられ、海上の激しい戦闘のはてに平家方は敗れ、二位尼に抱かれて安徳帝は入水し、知盛、教経ら武将も壮絶な自害をとげた。宗盛、建礼門院は捕えられて都へ連れ戻され、宗盛は頼朝に面謁ののち斬られ、捕虜となっていた重衡も奈良の大衆に引渡され処刑された。

目次

  • 1 逆櫓(さかろ)
  • 2 勝浦 付大坂越
  • 3 嗣信(つぶのぎ)最期
  • 4 那須与一
  • 5 弓流
  • 6 志度合戦
  • 7 鶏合 壇浦合戦
  • 8 遠矢
  • 9 先帝身投
  • 10 能登殿最期
  • 11 内侍所都入
  • 12 剣
  • 13 一門大路渡
  • 14 鏡
  • 15 文之沙汰
  • 16 副将被斬
  • 17 腰越
  • 18 大臣殿被斬
  • 19 重衡被斬

製品情報

製品名 平家物語(十一)
著者名 その他:杉本 圭三郎
発売日 1988年04月04日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-158361-0
通巻番号 361
判型 A6
ページ数 314ページ
シリーズ 講談社学術文庫