近代科学の誕生(上)

講談社学術文庫
キンダイカガクノタンジョウ
近代科学の誕生(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

世界中のあらゆる人が、地球は宇宙の不動の中心だと信じていたときに、地球は太陽のまわりを回る一天体にすぎないと主張し、説得するのはどんなに大変なことだったろう。近代科学の誕生までには、コペルニクス、ガリレオ、ケプラー、ニュートンをはじめとする多くの天才の努力が必要だった。同じことが、生理学、化学、生物学等の分野についてもいえるのである。この思考の大転換を「科学革命」として生き生きと描いた不朽の名著。

目次

  • 第1章 いきおいの理論──その歴史的重要性──
  • 第2章 コペルニクスと中世の伝統
  • 第3章 血液の循環の発見──ウィリアム・ハーヴェイまでの心臓の研究──
  • 第4章 宇宙観の変革──アリストテレス・プトレマイオス体系の衰退──
  • 第5章 実験的方法の確立──17世紀における展開──
  • 第6章 ベイコンとデカルト

製品情報

製品名 近代科学の誕生(上)
著者名 著:ハーバート・バタ-フィ-ルド 訳:渡辺 正雄
発売日 1978年11月08日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-158288-0
通巻番号 288
判型 A6
ページ数 184ページ
シリーズ 講談社学術文庫