更級日記(上)

講談社学術文庫
サラシナニッキ
更級日記(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『更級日記』は、幼いときから文学にあこがれていた平安の一女性が、晩年、一生を省みて綴った幻想的な日記である。上巻は--十歳ごろ地方官の父に伴われ上総に下って、つれづれな明け暮れの中に文学に心を奪われる--父の任が満ち作者一族は長い苦しい旅の末、京に帰り、ようよう得た物語を夢ともうつつとも読みふける--父は再び任官、遠国に発ち、作者は母と京に寂しく残る。やがて父は帰京、老いた今は作者一人を頼りきる(上下二巻)。

目次

  • まえがき
  • 1 凡例
  •   1.東国にて物語ゆかしさまさる
  •   2.門出よりいかだまで
  •   3.昔のあと・くろとの浜
  •   4.まつさと
  •   5.たけしば
  •   6.すみだ河・もろこしが原
  •   7.足柄山
  •   8.横走(よこはしり)・富士山・清見が関など
  •   9.富士河
  •   10.遠江(とほたふみ)を行く
  •   11.三河より尾張へ
  •   12.美濃より近江へ
  •   13.入京
  •   14.めでたき草子を得て
  •   15.継母去る
  •   16.乳母(めのと)・侍従大納言女(だいなごんむすめ)の死
  •   17.源氏の五十余巻
  •   18.京のわが家
  •   19.一品(いっぽん)の宮・土忌(つちいみ)
  •   20.猫
  •   21.長恨歌の物語
  •   22.荻(をぎ)の葉
  •   23.火の事
  •   24.姉の死
  •   25.姉の乳母
  •   26.司召(つかさめし)
  •   27.東山
  •   28.朝倉
  •   29.あらましごと・父の任官
  •   30.父の出立
  •   31.太秦参籠(うづまささんろう)
  •   32.軒近き荻・こしのびの森
  •   33.清水参籠
  •   34.初瀬の夢告
  •   35.天照(あまてる)御神
  •   36.修学院の尼へ
  •   37.父上京、西山に住む

製品情報

製品名 更級日記(上)
著者名 訳:関根 慶子
発売日 1977年08月08日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-158172-2
通巻番号 172
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社学術文庫

おすすめの本